ピザ イタリア

みなさんもご存知のように、元々はイタリア料理であるが、イタリア系移民がアメリカに伝えて独自の発展を遂げて、ハンバーガーに並ぶアメリカの国民食的位置づけにもなっている。

日本にはアメリカ風のものが当初紹介されましたが、1980年代からのイタリア料理ブームに伴いイタリア風のものも広く知られるようになって来ました。また、特にイタリア風のピザは「ピッツァ」と呼んで区別されることがある。しかし英語ではこの区別はなく、アメリカの pizza も「ピッツァ」である。

イタリアでは、専用の窯が必要なことから普通の料理店では出さずピッツェリアで供されるらしく、一品でも様々な食材を載せバリエーションも豊かで、栄養バランスがいいことから軽食として夜食に食べられることが多い。

なおイタリアの農業省は2004年5月25日に国内のピザ専門店に対して「伝統的なナポリピザ」のレギュレーションを示し、同国内ではスローフードとしても親しまれているピザの伝統を残す動きも見られています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。