アメリカピザ

アメリカではイタリアのピザに比べて生地が厚く、石釜ではなく丸い専用のパン(鉄鍋)の上で焼かれるパンピザが一般的です。その中でも特に高さのある深いパンを用いて、チーズや具のたっぷり入ったものはディープディッシュピザ、シカゴピザと呼ばれ、シカゴ市の名物となっている。

またナポリ風の生地が薄いものは、ニューヨークスタイルやクリスピー(クリスプ)と呼ばれて、 ピザはホットドッグやハンバーガーに並ぶアメリカン・フードのひとつとして位置づけされており、カフェテリアなどのメニューには必ず見つけることが出来る。

ドミノ・ピザに代表される宅配ピザも非常に普及しており、様々な気軽な会合などでは人気が有りよく食べられている。 またアメリカの家庭にはほとんどの場合大型のオーブンが設置されており、市販の冷凍あるいは生ピザを自宅で焼く場面も多い。

以上ピザ豆知識でした。

これからピザ作りに入りますよ〜♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。