こだわりピザチーズカテゴリの記事一覧

チーズにもこだわろう

ピザチーズは一般に売られていますピザ用チーズで十分でおいしいです。
しかし、ご家族の誕生日とか結婚記念日・子供の誕生日などご家庭の特別な日はちょっと贅沢にしたいものですね。
そんな時は最近では世界中のチーズが店頭に売られていますから、チーズ専用おろし金でおろしてブレンドして使うとさらにピザにおいしさと豪華さが増しますよ。


ここでチーズについてどのような種類があるのか、ざっとですが紹介しておきます。でも、全部ピザに使えると言う事ではないので気をつけてくださいね。

種類


プロセスチーズ
加熱・溶解させることで発酵を止め、長期保存に適した状態にしたもの。
ナチュラルチーズ
加熱処理されていないもの。原料、熟成の手段、仕上がりの状態などによってさらに以下のように細分類される。
フレッシュチーズ
熟成させないチーズ。常温での保存はできない。
パニール
北インドからアフガニスタンにかけて一般的に使われるチーズ。乳(乳脂肪分の多い水牛の乳を用いることが多い)を温めレモン等で分離させた脂肪分を集めて固めたもの。外見は豆腐に似ている。
モッツァレッラ
イタリア産。本来は水牛の乳で作る。
カッテージチーズ
水分が多く軟質。
ルービン
中華人民共和国雲南省産。
ウォッシュチーズ
表面に菌を植え付けて熟成させ、同時にそれをワインや塩水などで洗い流す過程を経たもの。
白かびチーズ
表面に白かびを植えつけて熟成させるもの。
ブルーチーズ(青かびチーズ)
内部に青かびを植えつけて熟成させるもの。
羊乳チーズ
羊の乳を原料とするもの。ペコリーノ等。
山羊乳チーズ
山羊の乳を原料とするもの。シェーブル(フランス語の山羊乳を意味する語)とも。
セミハードチーズ
加温・加圧などによって水分を除去する過程を経たもの。
ハードチーズ
セミハードと同じ方法で、さらに水分を少なくしたもの。
スモークチーズ
プロセスチーズを、燻製の製法と同じように燻したもの。


以下は日本で比較的よく消費されているチーズの主要産地別一覧です。

イギリス

チェダーチーズ(セミハード)
カッテージチーズ(フレッシュ)
スティルトンチーズ(ブルー)

イタリア

ロマーノチーズ(ハード)
モッツァレッラ(フレッシュ)
パルミジャーノ・レッジャーノ(ハード)
ゴルゴンゾーラ(ブルー)
リコッタ(フレッシュ)
プロボローネ(セミハード)
ペコリーノ(ハード)

オランダ

ゴーダチーズ(セミハード)
エダムチーズ(セミハード

スイス

エメンタールチーズ(セミハード)
グリュイエールチーズ(セミハード)

デンマーク

ダナブルー

フランス

カマンベールチーズ(白カビ)
ブリーチーズ(白カビ)
ロックフォール(ブルー)
ババリアブルー(ブルー)
ポン・レヴェック(ウォッシュ)
モン・ドール(ウォッシュ)
ヴァランセ(山羊)

ギリシャ

フェタチーズ(フレッシュ)

インド

パニール/チェーナー(フレッシュ)

アメリカ合衆国

カッテージチーズ(フレッシュ)
チーズカード(フレッシュ)
クリームチーズ(ソフト)
コルビーチーズ(セミハード)
チェダーチーズ(セミハード)
モンテレージャックチーズ(セミハード)
アメリカンチーズ(プロセス)



色々と工夫をしてあなたしか出来ないオリジナルのピザを是非作ってくださいね。どんなシェフよりあなたが一番です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。