簡単ピザ知識カテゴリの記事一覧

ピザ イタリア

みなさんもご存知のように、元々はイタリア料理であるが、イタリア系移民がアメリカに伝えて独自の発展を遂げて、ハンバーガーに並ぶアメリカの国民食的位置づけにもなっている。

日本にはアメリカ風のものが当初紹介されましたが、1980年代からのイタリア料理ブームに伴いイタリア風のものも広く知られるようになって来ました。また、特にイタリア風のピザは「ピッツァ」と呼んで区別されることがある。しかし英語ではこの区別はなく、アメリカの pizza も「ピッツァ」である。

イタリアでは、専用の窯が必要なことから普通の料理店では出さずピッツェリアで供されるらしく、一品でも様々な食材を載せバリエーションも豊かで、栄養バランスがいいことから軽食として夜食に食べられることが多い。

なおイタリアの農業省は2004年5月25日に国内のピザ専門店に対して「伝統的なナポリピザ」のレギュレーションを示し、同国内ではスローフードとしても親しまれているピザの伝統を残す動きも見られています。

アメリカピザ

アメリカではイタリアのピザに比べて生地が厚く、石釜ではなく丸い専用のパン(鉄鍋)の上で焼かれるパンピザが一般的です。その中でも特に高さのある深いパンを用いて、チーズや具のたっぷり入ったものはディープディッシュピザ、シカゴピザと呼ばれ、シカゴ市の名物となっている。

またナポリ風の生地が薄いものは、ニューヨークスタイルやクリスピー(クリスプ)と呼ばれて、 ピザはホットドッグやハンバーガーに並ぶアメリカン・フードのひとつとして位置づけされており、カフェテリアなどのメニューには必ず見つけることが出来る。

ドミノ・ピザに代表される宅配ピザも非常に普及しており、様々な気軽な会合などでは人気が有りよく食べられている。 またアメリカの家庭にはほとんどの場合大型のオーブンが設置されており、市販の冷凍あるいは生ピザを自宅で焼く場面も多い。

以上ピザ豆知識でした。

これからピザ作りに入りますよ〜♪

ピザ豆知識

ピザ、またはピッツァ(英・独・伊:Pizza)は、小麦粉をこねて作った丸く薄い生地(ドウ、dough)の上に具を乗せて、オーブンや専用の竃などで焼いた食品です。ピザはイタリアで生まれて、いまでは世界的に広く食べられているピザなのです。

日本を含む先進各国でピザは、家庭向けの冷凍食品からレストランやピザ専門店などの飲食店で提供されたり、あるいは電話などで注文するピザ宅配サービスでも購入することができるため、一般になじみのある料理と言えるでしょう。

ピザには数多くのレシピが存在して、地域にある産品を取り込んだご当地グルメ的変化を見せるピザも存在します。料理として提供される場合には、好みによって様々なピザ食材が選択可能であることなどで、子供から大人しいてはお年寄りまでの広い層に人気のある料理です。




ピザ(ピッツァ、イタリア語: pizza)とは、小麦粉をこねて作った丸く薄い生地(ドウ、dough)の上に具を乗せてオーブンや専用の釜などで焼いた食品をさすらしいです。

ピザが普及している多くの国々で、"pizza" の "zza" の部分は「ザ」とは発音しなくて、ピザが紹介された頃に、日本語では「ツァ」という音がなかったために、「ピザ」と慣用的に呼ばれるようになった。

最近では大量の外来語の流入と共に「ツァ」という発音が日本語に受容され、ピザも「ピッツァ」と表記、発音されるようになってきている。

pizzaの定義は曖昧なのですが、イタリアにはフォカッチャがあって丸パンに具材を乗せる所からピッツアの原型とされているらしいです。 フォカッチャ前にエジプトには円盤状のパンに具材を乗せて焼いた物が現ピッツアの調理法と酷似していることから、原型はエジプトからイタリアに伝来していると言う説もあるのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。